ココマイスター

スポンサードリンク 

ココマイスター メンズ財布

 

最近、人気急上昇のメンズの財布の人気ブランドをあげるとしたら『ココマイスター』です。

 

おすすめの理由は、熟練職人が日本で手作りで作っており良質でクオリティの高い財布を製造しているからです

 

素材に使われる皮革はイタリア産の高級革を使用しているのもココマイスターのこだわりです。
販売はインターネットでの販売が主ですが、新商品が販売されると瞬く間に売り切れてしまうほど人気のブランドなんです。
(お店は現在、自由が丘・銀座・神戸・心斎橋・名古屋にあります)

 

ネットで販売しても、すぐに売り切れるってすごいですよね。

 

物やお店で溢れている時代、こんなにすぐに売り切れるブランドは他には無いですよね。

 

ココマイスターの商品は高級な素材でクオリティーが高いので、一生使い続けることができる財布やアイテムばかりです。
1度は使いこなしてみることをおすすめします。そして、自分の小物の必須アイテムにいれたいですね。
v( ̄∇ ̄)v

 

↓  ↓

 

 

ココマイスターマットーネシリーズを紹介

ココマイスターのマットーネシリーズはイタリアのカーフをベースに「ガゼイン加工」を行います。
加工の段階でたっぷりと牛脚油を染み込ませるため、使うほどに美しい光沢が出て革の経年変化を楽しめます
(・∀・)
人気の『マットーネ オーバーザウォレット』など

マットーネ オーバーザウォレット ブライドル グランドウォレット

マットーネ オーバーザウォレット

オールドブラック・ブランデー 37,000円(税込)

ブライドル グランドウォレット

ロンドンキャメル 30,000円(税込)

クリスペルカーフ ロシュウォレット クリスペルカーフ ロシュカードケース

クリスペルカーフ ロシュウォレット

ロイヤルブラック/ダークブラウン 54,000円(税込)

クリスペルカーフ ロシュカードケース

ロイヤルブラック/ダークブラウン 23,000円(税込)

ブライドル インペリアルパース コードバン ラウンド長財布

ブライドル インペリアルパース

ブラック・ダークネイビー・モスグリーン・ロイヤルブラウン・ヘーゼル 25,000円(税込)

コードバン ラウンド長財布

黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶) 42,000円(税込)

 

 

マットーネは世界で自分だけの個性ある表情を表現できるアイテムなんです。

 

見た目が非常に美しい皮革なのですが、1000年の歴史をもつバケッタ製法によりつくわれています。

 

特長としては、革本来の表情(動物が生きていた頃のキズなど)を保ちながら独自の光沢感を持っています。
使い込めば使い込むほど味がでていく皮革です。

 

 

扱いやすさ

製造段階でオイルを大量に塗りこんでいる為、使用するだけでメンテナンスができます。
革製品はメンテナンスが必要ですが扱いやすいです。

 

手入れ

一番の手入れ方法は、毎日使用する事です
(o^∇^o)ノ

 

皮革の繊維がほぐれてオイルが移動し、手の表面の油により製品の表面がコーティングされます。
普段からメンテナンスをしたい人は、コロニル・ディアマントを2週間に1回程度塗るといいでしょう。

 

また、購入直後に革製品専用の防水スプレーを使用すると汚れが付きにくいです。
使用前は端でバッチテストを行うことをおすすめします。

 

 

ココマイスターマルティーニ

 

ココマイスターのマルティーニシリーズは、上質とシックな印象をもつアイテムになります。

 

イタリアの老舗タンナーであるバダラッシ・カルロ社のミネルバボックスを贅沢に使用しています。
そのミネルバボックスを内装にまで使用しているので、上質感がでて贅沢なカジュアル感を醸し出しています。

 

オイルもタップリと含まれている為、手にしっとりと馴染む感じが革好きにはたまらないですね。
o(^-^)o

 

内装までミネルバボックスを使用しているので、個性的な色のカラー展開です。
休日のカジュアルシーンにもコーディネイトしやすいです。

 

カード段の裏側の見えない所にはヌメ革のブッテーロを使用しており、このような細部にまでこだわりをもった作りなので、贅沢で上質なアイテムです。
(*^o^*)

 

ココマイスター記事一覧

ココマイスター 最新入荷

ココマイスターは、製品を職人が手作りで生産しているから一度に納品できる数に限りがあります。人気のアイテムは再販売されると、すぐに完売してしまいます。だから、こまめにチェックする必要があるんです。4月14日木曜日 午後9時からの再販売情報。『ジョージブライドル バイアリーウォレット』『マルティーニ ア...

≫続きを読む