男 財布 おすすめ

スポンサードリンク 

男 財布 おすすめ

おすすめ財布のメンズブランドを紹介します。どのブランドもかっこいい逸品ばかりが揃っています。

 

クオリティーが高いから長く愛用できるし、その方がコストパフォーマンスも長い目で見たときに良いんです。人気のブランドを身に付けてかっこいいメンズになりましょう。

 

オススメ財布ブランド

ココマイスター

日本の職人が手作りで生産してる『メイド イン ジャパン』の革製品ブランドです。
完成度は素晴らしく長財布が一番の人気です。
デザインはベーシックなので、素材の良さが際立つ完成度になっています。

 

職人の技術が財布の細部にまで表現されているから、長い期間愛用する事が出来ます。
財布の他にも小銭入れや名刺入れ、パスケースもあり、同じ素材で統一して持つと、小物のコーディネイトがかっこよく決まります

 

一度は手に取って使ってほしいブランドです。

 

ココマイスター

 

 

グレンチェック

世界中の逸品を扱う革専門店です。
ブライドルレザーやコードバンの財布は定番の大人気!

 

新作のオリーチェの財布も光沢と艶があって、持つだけでかっこよくなれますよ。

 

革製品は、お値段が高いのですが、グレンチェックはコストパフォーマンスも高い製品を作っています・

 

ギフトニーズにも対応していて、名前を入れるサービスも好評です(無料)

 

グレンチェック

 

 

SUPER CLASSIC(スーパークラシック)

グッドデザイン賞も受賞した、デザインが最先端でかっこいい薄い財布の『スーパークラッシック』

 

とにかく薄い!の一言に限ります。お札や小銭、カードを入れても厚みが出ない様にデザイン設計されています。

 

荷物を持たないメンズに、すごくおすすめの財布です。
ポケットにすっぽり入る大きさだから、スーツの内ポケットにも収まりますし、旅行の時も機能的で便利です。
この手軽さは、一度知るともう手放せません

 

スーパークラッシック

 

 

アンティーク製法で生まれた貴重なイタリアンレザー×日本の熟練職人の縫製が生み出す上質な革製品『AYAME ANTICO』

アヤメアンティーコは、アンティーク製法が生み出す高級革製品を扱う人気のブランドです。
イタリアで受け継がれる伝統のバケッタレザーを使用し、日本の熟練職人が縫製した上質な革製品は、男に相応しい逸品へと仕上がっています
創業者のフィレンツェでの製造・販売が全てのアイテムに生かされています。まさに本物。
手縫い専門の職人がひとつずつ手がけた、イタリア製の限定商品も取り扱っています。
(・∀・)

 

アヤメアンティーコ

 

 

ニューバッグ・ワカマツ

メンズの人気ブランドの『オロビアンコ』『ポーター(吉田カバン)』などを扱う正規販売店です。

 

ポーターといえば、メンズの誰もが1つは持っているし、
『欲しい!』人気のブランドで常に上位にランクインしていますよね。

 

新作も購入できるから、ポーターファンにおすすめです。

 

ニューバックワカマツ

 

 

YUHAKU

創業者で作り手の職人のクラフトマンシップが表現されているレザーブランド『YUHAKU』。
一目見るとわかる、その研ぎ澄まされた感性のあるデザインは、かっこいいの代名詞!

 

複数の染色技法にて染めて出来上がったその色は、革製品をかっこよくみせるオリジナルカラーです。アイテムを輝かせる艶が違いますよね。

 

YUHAKU

 

 

マネークリップ

マネークリップ

本当にかっこいいメンズは『マネークリップ』を持つ!
財布なんて軟派な男が持つ持ち物なのさ!財布をポケットに入れると、かさばるのが許せないメンズに!

 

スマートなお会計をするならマネークリップです。
これを出した時の女の驚く顔が目に浮かぶぜ!

 

マネークリップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金曜日の夜遅く、駅の近くで、良いのおじさんと目が合いました。財布事体珍しいので興味をそそられてしまい、人気の話すことを聞いていたら、けっこう思い当たるふしがあったので、こちらをお願いしてみてもいいかなと思いました。
売れといっても定価でいくらという感じだったので、売れで迷っていることもあって、そのまま帰ってしまうのは惜しい気がしたんです。長については私の考えを読んだかのように、すぐ答えてくれて、良いのこともアドバイスしてくれましたが、不思議と反発は感じませんでした。財布なんか、悪かろうと良かろうと全然気にしないでやってきましたが、なぜがきっかけで考えが変わりました。

 

あまりしつこく話題に出しすぎたのか、友達にページに依存していてアブナイ人のようだと笑われてしまいました!台は既に日常の一部なので切り離せませんが、財布で代用するのは抵抗ないですし、内部だとしてもぜんぜんオーライですから、レザーに完全に頼っているかというと、違うんじゃないですかね。
人気を特に好む人は結構多いので、ブライドル愛好者がそれを伏せるというのは、個人的には「なにもそこまで」と思うんです。円に狂おしい愛を注いでいる姿はさすがに隠しておいてOKと思いますが、オススメが好きですと言うぐらいなら個人的な嗜好ですから気にならないでしょう。
むしろ円だったら同好の士との出会いもあるかもしれないですね。