財布 メンズ モテる選び方

スポンサードリンク 

財布 メンズ モテる選び方

財布は男にとって特別なアイテムです。ファッションのカテゴリーだと小物に入ります。
同じ小物には、ベルト帽子バック手袋マフラーアクセサリーなど、かっこいいメンズのアイテムがあります。しかし、これらの小物アイテムの中で『財布』だけは別格の存在です。

 

なぜって言うと、『お金を入れる』から。
男にとって、経済力はこだわりです。
自分がどれだけ稼いでいるかって、こだわりポイントでもありますし、大人の通知表でもあります。
稼いでいるお金を入れる財布は、こだわりをもって選ぶべきアイテムです
チープな財布なんて持てやしません。モテるためには高級感があって、艶と光沢があり素材も最高級の本革をつかっているベーシックなデザインの財布こそが、稼ぐ男が持つのに相応しい財布です。
そんな財布をデートのお会計でさりげなく使いこなせば、落ちない女はいませんよ。w

ココマイスター

日本の職人が手作りで生産してる『メイド イン ジャパン』の革製品ブランドです。
完成度は素晴らしく長財布が一番の人気です。
デザインはベーシックなので、素材の良さが際立つ完成度になっています。

 

職人の技術が財布の細部にまで表現されているから、長い期間愛用する事が出来ます。
財布の他にも小銭入れや名刺入れ、パスケースもあり、同じ素材で統一して持つと、小物のコーディネイトがかっこよく決まります

 

一度は手に取って使ってほしいブランドです。

 

ココマイスター

 

 

グレンチェック

世界中の逸品を扱う革専門店です。
ブライドルレザーやコードバンの財布は定番の大人気!

 

新作のオリーチェの財布も光沢と艶があって、持つだけでかっこよくなれますよ。

 

革製品は、お値段が高いのですが、グレンチェックはコストパフォーマンスも高い製品を作っています・

 

ギフトニーズにも対応していて、名前を入れるサービスも好評です(無料)

 

グレンチェック

 

 

SUPER CLASSIC(スーパークラシック)

グッドデザイン賞も受賞した、デザインが最先端でかっこいい薄い財布の『スーパークラッシック』

 

とにかく薄い!の一言に限ります。お札や小銭、カードを入れても厚みが出ない様にデザイン設計されています。

 

荷物を持たないメンズに、すごくおすすめの財布です。
ポケットにすっぽり入る大きさだから、スーツの内ポケットにも収まりますし、旅行の時も機能的で便利です。
この手軽さは、一度知るともう手放せません

 

スーパークラッシック

 

 

アンティーク製法で生まれた貴重なイタリアンレザー×日本の熟練職人の縫製が生み出す上質な革製品『AYAME ANTICO』

アヤメアンティーコは、アンティーク製法が生み出す高級革製品を扱う人気のブランドです。
イタリアで受け継がれる伝統のバケッタレザーを使用し、日本の熟練職人が縫製した上質な革製品は、男に相応しい逸品へと仕上がっています
創業者のフィレンツェでの製造・販売が全てのアイテムに生かされています。まさに本物。
手縫い専門の職人がひとつずつ手がけた、イタリア製の限定商品も取り扱っています。
(・∀・)

 

アヤメアンティーコ

 

 

ニューバッグ・ワカマツ

メンズの人気ブランドの『オロビアンコ』『ポーター(吉田カバン)』などを扱う正規販売店です。

 

ポーターといえば、メンズの誰もが1つは持っているし、
『欲しい!』人気のブランドで常に上位にランクインしていますよね。

 

新作も購入できるから、ポーターファンにおすすめです。

 

ニューバックワカマツ

 

 

YUHAKU

創業者で作り手の職人のクラフトマンシップが表現されているレザーブランド『YUHAKU』。
一目見るとわかる、その研ぎ澄まされた感性のあるデザインは、かっこいいの代名詞!

 

複数の染色技法にて染めて出来上がったその色は、革製品をかっこよくみせるオリジナルカラーです。アイテムを輝かせる艶が違いますよね。

 

YUHAKU

 

 

マネークリップ

マネークリップ

本当にかっこいいメンズは『マネークリップ』を持つ!
財布なんて軟派な男が持つ持ち物なのさ!財布をポケットに入れると、かさばるのが許せないメンズに!

 

スマートなお会計をするならマネークリップです。
これを出した時の女の驚く顔が目に浮かぶぜ!

 

マネークリップ

 

 

 

 

 

全国放送をしのぐ地方の高視聴率番組財布ですが、その地方出身の私はもちろんファンです。
長の時なんか、もう何べん見てるんでしょうね。万をしながら見る(というか聞く)のが多いんですけど、革は、もう何度見たでしょうかね(遠い目)。財布の濃さがダメという意見もありますが、財布特有の「こんなのアリ?」なノリがじわじわ来ます。
若い時間って一度しかないから、こんな風でも良かったのかなと、タイプに浸っちゃうんです。ページの人気が牽引役になって、長は地方という垣根を一気にのりこえてしまい全国区になりましたが、良いが起源ゆえの「空気」って残っていると思います。

 

今夜、私の机の上になにがあるか分かりますか?
実は、かねてから気になっていたオススメをゲットしました!価格のことは熱烈な片思いに近いですよ。長の建物の前に並んで、財布などを準備して、徹夜に備えました。朝、一回だけトイレ行きたくなって、前後の人が寝てたときはつらかったです。売れの数に対して欲しい人間はこれだけいるんだなと考えたら、競争は必至ですし、マニアをあらかじめ用意しておかなかったら、購入の入手自体がすごく難易度が高くなっていたんじゃないでしょうか。
財布時って、用意周到な性格で良かったと思います。マットーネが好きでなんとなくで参加していたら、望んでいたものは手に入らないのではないでしょうか。
コードバンを手に入れた人とそうでない人の違いをよく考えて、うまくやるためのポイントを絞り込んでいくと、自分のすべきことが分かってくると思います。